フリーランスSEなら、自分のやりたい仕事をし、収入も増える

中堅SEのためのフリーランス講座

システム開発会社の中堅SEから、フリーランスSEとして独立して、5年。独立のために悩んだ期間は約2年。もっと早く独立するべきだったと思っています。フリーランスSEの道へようこそ。

フリーランスSEをオススメする理由

フリーランスSEだと収入は1.5~2倍?

会社員である限り給料は一定

会社員として働く以上、仕事量の増減に関わらず月々の給料は決まっています。どんなに仕事をしてもなかなか評価につながらない。そんなことを思った事はありませんか?当然、自分のやりたい仕事だけをしていれば良い訳ではありません。中堅SEともなれば、SEとしての仕事だけでなく、新人の面倒も見なければならないし、雑務もこなさなければならない。何日も徹夜が続いたり、体力的にも精神的にも限界まで働かされても、給料が上がる訳ではありません。フリーランスSEになれば、そんな思いも少しは解消されるかもしれません。

会社員とフリーランスの収入の差

とどのつまり、もっとも気になるのは収入ではないでしょうか。フリーランスSEとして仕事をすると、どれくらいの報酬が貰えるのでしょうか。
勿論、仕事内容にも、スキルレベルにもよりますので、一概に正確な金額は言えませんが、一般的に、フリーランスSEは会社員の年収と比較すると1.5倍~2倍と言われています。中には年収1千万円を超える人もいます。月単金で言うと60万前後~が平均的な相場のようです。
フリーランスの場合、仕事のとり方によっても多少の差があります。フリーランスSEとして、エージェントのような仲介業者を沢山挟んで仕事を請けている場合には、仲介手数料が発生し、報酬も少なくなってしまいますが、細かい雑務が簡素化されるというメリットがあります。エージェントに所属せず、自分で営業をしている場合には、クライアントからの報酬がそのまま自分に入ってきます。その場合は全ての事を自分でしなければならなくなります。営業、請求、開発、経理、またクライアントとのトラブルも自分で解決しなければならなります。

税金に要注意

稼ぎが多くなると注意したいのは、所得税などの税金です。会社勤めをしていると、税金は給料から引かれます。フリーランスSEになると、個人事業主になる訳ですから、自分で確定申告をしなければなりません。年間の所得を確定申告書に記載して税務署に申告し、翌年にその所得に応じた所得税を納付します。フリーランス1年目は特に、予想外に多額な税金納付所が届いて慌てることも少なくありませんので、余裕をもった資金調整が必要です。個人事業主は一般的に、青色申告を選択している場合が多いです。複式簿記の作成が義務づけられる青色申告ですが、メリットは特別控除額が大きいこと。いかに控除を受け、いかに経費を計上して節税するかというのも、フリーランスの知恵です。所得申告は、所得税の金額は元より国民健康保険料や住民税の金額のベースにもなります。税務知識があるのとないのとでは、同じ事業活動でも払う税金額がずいぶんと変わります。
また個人事業主は、年収が1千万円を超えると、消費税の納付義務も発生します。報酬額から経費や税金などを支払った後、自分の手元には実質いくら残るのかを計算できるようにならなければなりません。また、青色申告は、過去、3年間の赤字分を経費として繰り越す事が出来ます。税務知識・合法的な節税の知恵は、フリーランスにとって重要です。せっかく沢山稼いでも、必要以上に税金で持っていかれてしまっては意味がありません。

Pocket

おすすめ記事Pick up

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る 毎月だまっていても一定の給料が入ってくる会社員の安定を手放し、フリーランスSEとしての道を踏み出すにあたり、誰しもまず不安に思うのは収入のことではないでしょうか。フリーランスというと月々の収入に波があるのはいたし方ありませんが、フリーランスSEの場合、毎月定額で収入を得る契約方式も少なくありません。フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知りましょう。

エージェント利用で高単価案件を獲得

エージェント利用で高単価案件を獲得 フリーランスSEになったらどうやって仕事をとってくるのか?そもそも仕事をとれるのか?そういう不安もあると思います。仕事をもらえるようなあてがない人はもちろん、ある程度の人脈やパイプがある場合でも、思うように仕事がとれないときもあるでしょう。そういう時に役立つのがエージェント。営業力のあるエージェントであれば、自力で仕事を探すよりも高額案件をとれる可能性も高くなります。

四半期ごとに案件が出回る

四半期ごとに案件が出回る ビジネスには季節変動がつきものです。フリーランスSEの案件にも、時期に応じた特徴と波があります。一年を四半期ごとに分けて、それぞれのタイミングの案件の概況を紹介します。一年間の流れを知っておけば、どのタイミングまでに何をしておかなければならないかも見えてきます。先々を見据えて、先手先手で動くことが、フリーランスSEが生き残る知恵でもあります。

ページの先頭へ

中堅SEのためのフリーランス講座

Copyright © 2014 中堅SEのためのフリーランス講座 All Rights Reserved.