フリーランスSEとして上を目指すための営業法をご紹介

中堅SEのためのフリーランス講座

システム開発会社の中堅SEから、フリーランスSEとして独立して、5年。独立のために悩んだ期間は約2年。もっと早く独立するべきだったと思っています。フリーランスSEの道へようこそ。

出来るフリーランスSEの営業

フリーランスの営業方法

フリーランスとして働くからには、エンジニアも自分で仕事を探し獲得していく必要があります。ただエンジニアとしてITスキルを提供するだけでなく、案件につながる営業も自ら行う必要があるということです。フリーランスが仕事を探すためには、どのように動けば良いのでしょうか。
まずは、過去のクライアントや友人・知人にあたってみましょう。既に信頼関係のある間柄なら、良い話があれば任せてもらえる可能性は高いはずです。もし何もないという場合でも、仕事を探しているということをアピールする機会を作っておくことも重要です。
次に検討するのがフリーエンジニア向けの案件・求人を取り扱う業者を探すことです。専門業者だけあって、信頼できるところを選べば良い案件を獲得できる機会は多くなっています。ただし業者を選ぶときには注意が必要です。決してサイトの雰囲気だけで決めてはいけません。例えばどれくらいの頻度で案件が更新されているか、マージンをどれだけ取るのか等を確認しておきましょう。面談がある場合を考えると、自分の居住地から近い場所にあることもチェックしておいた方が良さそうですね。これらに問題がなければ、後は担当のコンサルタントと気が合うかということだけです。自分のキャリアや仕事に対する要望をきちんと汲んでくれる人なのかを見極めて、最終判断を下すようにしましょう。

フリーエンジニアの報酬

フリーランスとして働く場合、案件に対する報酬も自分で決定することになります。その際、自分の求める報酬が高すぎるのではないかと考えてしまうエンジニアがいるようです。あまりに高い報酬を望むと、サポートしてくれているエージェントに無理をさせるのではないかと考えてしまうようです。しかしクライアントからの報酬の一部は、手数料としてエージェントの会社の利益となります。エンジニアができるだけ高い報酬で仕事をしてくれた方が、エージェントとしても嬉しいものなのです。
また、希望する報酬が高額すぎることで、紹介してもらえる案件が少なくなるかもしれないということを不安に感じるエンジニアもいるようです。継続的に従事できる案件ならもっと報酬を下げた方が良いかもしれないと思い直すこともあるようですね。しかしこれも、報酬以外の条件がエンジニアの求めるものと近い場合、エージェントによって報酬は少し下がるがどうだろうかという提案がなされるはずです。報酬を上げることで、仕事を逃すということは考えなくても良いでしょう。

フリーエンジニアの案件情報サイト

フリーエンジニアにはフリーエンジニア専門の案件紹介サイトが存在しています。いくつかあるエージェントの中から、自分に合うエージェントを見極め、良好な関係を築くことが大切です。以下に、できるフリーランスSEが利用している質の高いエージェントを紹介します。高単価案件を獲得できる上級フリーランスSEを目指すなら、このようなサイトの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

「AIWIL」

AIWILの無料登録ならこちら
充実した福利厚生制度が特徴でアットホームなチームワークをうたうサポート体制の厚いサイトです。
AIWILの無料登録ならこちら

会社員ではないフリーランスにとって、人間ドック受信費用の補助等の福利厚生制度は魅力が高いと言えるでしょう。

「レバテックフリーランス」

レバテックフリーランスの無料登録ならこちら
業界内でトップクラスの案件数を誇り、そのほとんどがクライアント直請案件であることから報酬が高いのが最大の魅力です。
レバテックフリーランスの無料登録ならこちら

充実したサポート体制にも定評があります。サイト上で無料サポート登録ができるため、登録しておくと良いでしょう。

Pocket

おすすめ記事Pick up

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る 毎月だまっていても一定の給料が入ってくる会社員の安定を手放し、フリーランスSEとしての道を踏み出すにあたり、誰しもまず不安に思うのは収入のことではないでしょうか。フリーランスというと月々の収入に波があるのはいたし方ありませんが、フリーランスSEの場合、毎月定額で収入を得る契約方式も少なくありません。フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知りましょう。

エージェント利用で高単価案件を獲得

エージェント利用で高単価案件を獲得 フリーランスSEになったらどうやって仕事をとってくるのか?そもそも仕事をとれるのか?そういう不安もあると思います。仕事をもらえるようなあてがない人はもちろん、ある程度の人脈やパイプがある場合でも、思うように仕事がとれないときもあるでしょう。そういう時に役立つのがエージェント。営業力のあるエージェントであれば、自力で仕事を探すよりも高額案件をとれる可能性も高くなります。

四半期ごとに案件が出回る

四半期ごとに案件が出回る ビジネスには季節変動がつきものです。フリーランスSEの案件にも、時期に応じた特徴と波があります。一年を四半期ごとに分けて、それぞれのタイミングの案件の概況を紹介します。一年間の流れを知っておけば、どのタイミングまでに何をしておかなければならないかも見えてきます。先々を見据えて、先手先手で動くことが、フリーランスSEが生き残る知恵でもあります。

ページの先頭へ

中堅SEのためのフリーランス講座

Copyright © 2014 中堅SEのためのフリーランス講座 All Rights Reserved.