できるフリーランスSEは思考ルールが違います

中堅SEのためのフリーランス講座

システム開発会社の中堅SEから、フリーランスSEとして独立して、5年。独立のために悩んだ期間は約2年。もっと早く独立するべきだったと思っています。フリーランスSEの道へようこそ。

上級者だけが実践している思考ルール

フリーランスも経営者

フリーランスSEとして成功している人は、SEとしてのスキルもさることながら、自分自身を売る力に長けています。独立した以上、会社員の感覚を自ら打ち破り、経営者としての感覚を身につけることが重要です。起業家ではなくとも、個人事業主である以上、フリーランスは経営であるという意識が大切です。

企業もフリーランスも勝ち残り戦

企業経営には「永続」というテーマがあります。存続し続けるために利益を追求しています。しかし、実際には10年以上存続する企業は全体のたった6%しかありません。さらに20年継続している企業はというと、僅か2%です。 フリーランスも同様に、独立した人全員が継続できるわけではありません。生計が立たない、資金が続かない、仕事がとれない等の事情で多くのフリーランスが挫折し、会社員生活に戻っていきます。独立することは簡単で、誰にでもできることですが、フリーランスを続けることは想像以上に難しいのです。

成功者の思考ルール「5Aサイクル」とは

成功者の思考にある特定の共通点が、『トップ1%だけが実践する共通の思考の法則』(著者:永田豊志氏)という本の中で紹介されています。「5Aサイクル」とは、5つのビジネスプロセスを高速で循環させるという、永田氏が企業経営におけるケーススタディを研究して見つけた、ごくシンプルな行動様式です。
5A とは、Awareness(認知)、Approach(アプローチ)、Action(実行)、Analysis(分析)、Adjustment(適応)という5つのキーワードをさしています。
5Aサイクルとは、顧客のニーズを認知し、問題解決のためのアイデアを組み立てて、誰よりも早くスピーディーに実行し、実行した結果を分析した上で、仮説と結果の差異をうめるべく柔軟に適応する。というサイクルを、ぐるぐると循環させてビジネスが成功につながるというビジネスプロセスです。

すべてのビジネスマンに適用できる思考ルール

この考え方は企業経営のみならず、あらゆるビジネスマンに適用できるとされています。フリーランスSEも、もちろん例外ではありません。フリーランスとしてサバイバルを勝ち抜くためには、実行力と適応力、分析力と発想力、そして洞察力などが不可欠です。猛スピードで変化する現代社会の中でも変化の早いIT業界でフリーランスSEとして勝ち残るためには必要不可欠な考え方として身につけたい思考法です。

Pocket

おすすめ記事Pick up

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る

フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知る 毎月だまっていても一定の給料が入ってくる会社員の安定を手放し、フリーランスSEとしての道を踏み出すにあたり、誰しもまず不安に思うのは収入のことではないでしょうか。フリーランスというと月々の収入に波があるのはいたし方ありませんが、フリーランスSEの場合、毎月定額で収入を得る契約方式も少なくありません。フリーランスSEの報酬生産の仕組みを知りましょう。

エージェント利用で高単価案件を獲得

エージェント利用で高単価案件を獲得 フリーランスSEになったらどうやって仕事をとってくるのか?そもそも仕事をとれるのか?そういう不安もあると思います。仕事をもらえるようなあてがない人はもちろん、ある程度の人脈やパイプがある場合でも、思うように仕事がとれないときもあるでしょう。そういう時に役立つのがエージェント。営業力のあるエージェントであれば、自力で仕事を探すよりも高額案件をとれる可能性も高くなります。

四半期ごとに案件が出回る

四半期ごとに案件が出回る ビジネスには季節変動がつきものです。フリーランスSEの案件にも、時期に応じた特徴と波があります。一年を四半期ごとに分けて、それぞれのタイミングの案件の概況を紹介します。一年間の流れを知っておけば、どのタイミングまでに何をしておかなければならないかも見えてきます。先々を見据えて、先手先手で動くことが、フリーランスSEが生き残る知恵でもあります。

ページの先頭へ

中堅SEのためのフリーランス講座

Copyright © 2014 中堅SEのためのフリーランス講座 All Rights Reserved.